尾花市長に新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れ書(第4次)を提出

公営企業管理者・教育長・尾花市長     国重委員長・井本・森下・南畑・坂口議員

 8月27日(木)、日本共産党北部地区委員会と日本共産党和歌山市会議員団から「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れ書(第4次)」(次ページ参照)を、市長応接室で尾花正啓和歌山市長・富松淳和歌山市教育長・瀬崎典男公営企業管理者に提出し、懇談を行いました。
 和歌山市民の新型コロナウイルス感染拡大を食い止めるために、国・県の対策に加え、和歌山市独自の財源措置を含む対策を、より一層行っていただきたいと、第4次の緊急申し入れを行いました。
 「感染急拡大地域の感染震源地を明確にし、PCR等検査を大規模に実施するよう、国に緊急に申し入れること」「集団感染のリスクが高い医療、介護などに勤務する職員に対し定期的にPCR検査を公費で行うこと」「水道料金について一定期間の免除を行うこと」「小中学校の学級編成基準を1クラス20人以下とするよう国に強く求め、市として施設改修等を含む教育予算の大幅増額を行うこと」など12項目を早急に行っていただけるよう求めました。

20200827-moushiireshoのサムネイル

新 型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れ書(第4次)ファイルサイズ: 656 KB

新型コロナウイルス感染拡大防止と市民を守るための申し入れ書の第3次分を和歌山市長・教育長宛てに提出

 5月29日(金)、日本共産党北部地区委員会と日本共産党和歌山市会議員団から「新型コロナウイルス感染拡大防止と市民を守るための申し入れ書」(次ページ参照)を、副市長室で尾花正啓和歌山市長・富松淳和歌山市教育長宛てに提出しました。
 和歌山市民を守るため、国・県の対策に加え、和歌山市独自の財源措置を含む対策を行っていただきたいと、4月27日に引き続き申し入れを行いました。
 「学校再開にあたって、人員体制や防護関連用具、対応マニュアルなどを整えること」「学校の夏季休業日を短縮するならば、学校給食の提供を必ず行い、給食調理場にエアコン設備を設置すること」「感染リスクの非常に高い医療職場の従事者に対して、定期的に公費でPCR検査を行うこと」「学生が学業を継続するために、授業料の半額を市として援助すること」「新型コロナ対策による業務量増大への対応等のため、市職員の人員・体制を早急に整えること」など10項目を早急に行っていただけるよう求めました。
 提出行動は「3密」を避けるため、国重北部地区委員長と森下市会議員団団長の2名で、短時間で行いました。

20200529-moushiireshoのサムネイル

新型コロナウイルス感染拡大防止と市民を守るための申し入れ書【PDF 316KB】

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「新型コロナウイルス問題で、お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。