京都市長選の応援に行ってきました 福山候補に希望広がる期待

「つなぐ京都2020」下京区事務所前で
左から、池尾、井本、南畑、西脇京都府議会議員さん

 1月23日(木)、京都市長選(1月19日告示・2月2日投票)の応援に、南畑さち代・井本ゆういち議員・池尾事務局員が京都市に行ってきました。
 「つなぐ京都2020」の弁護士、福山和人さん(無所属新人)の「市民の暮らし底上げの仕事を何が何でもやり抜かせてほしい」「無いのはお金ではなく、市長のやる気で、やれることはいっぱいあります」などの訴えに、希望と期待が大きく広がり、投票日までもつれ込む大激戦となっています。
 なんとしてもせり勝つために、京都市の知人・友人への支持拡大を重ねてお願いします。

日本共産党第28回大会閉会

改定綱領を手に未来への展望を語ろう

 1月14日(火)から静岡県熱海市の伊豆学習会館で開かれていた日本共産党第28回大会は、18日(土)、綱領一部改定案等すべての報告と結語を、全員一致で採択しました。大会の詳細につきましては、リンクのページから「日本共産党中央委員会」のホームページに移動してご覧ください。
 森下さち子市会議員が代議員として出席し、全国の仲間と大いに交流しました。

毎週恒例!「市駅前」早朝宣伝を行う

 1月17日(金)毎週恒例の南海本線和歌山市駅前で、早朝宣伝を行いました。
 さかぐち多美子市会議員と奥村のり子県会議員が寒風の中、「19日からの断水」についての報告と、「カジノ・IRより住民の暮らし最優先の政治を」「汚職、利権、闇金融のはびこるカジノ・IRはいりません」「桜を見る会への反社会的勢力招待疑惑の安倍首相はやめてください」などを訴えました。

「カジノ汚職」「桜を見る会」の問題を最も詳しく掲載している「しんぶん赤旗」をぜひ、お読みください。