#ハピネスでいこら

 10月16日(金)、和歌山が元気に!和歌山から元気つなぐ~#ハピネスでいこら~のYouTube動画撮影が和歌山市議会本会議場にて行われ、議員有志が協力。日本共産党市会議員団からは、森下さち子・さかぐち多美子議員が参加しました。
 新型コロナウイルスにより地域の活気が低迷している中、和歌山の地域活力の回復と後押しができるようにと、一般社団法人和歌山青年会議所が企画。和歌山県出身の作曲家と振付師の方に、誰でも簡単に楽しく踊れることができる和歌山をイメージした曲を作詞作曲していただき、曲に合わせた振り付けを多くの市民や市職員、市議会議員が楽しく踊りつなぐYouTube動画を作成し、ホームページで公開。
 決算特別委員会の合間をぬって、議員有志が和歌山を盛り上げ、多くの方を元気づけられるよう、笑顔いっぱい踊りました。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「新型コロナウイルス問題で、お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

恒例!和歌山市駅前・宇治交差点早朝宣伝

 10月16日(金)、さわやかな秋晴れの早朝、毎週金曜日恒例の和歌山市駅(キーノ和歌山)前&宇治交差点宣伝。さかぐち多美子市会議員と奥村のり子県会議員が、元気いっぱい宣伝行動を行いました。
 「学術会議人事に介入した菅新政権は許せない」。今こそ野党連合政権で「ケアに手厚い社会をつくろう」「一人ひとりの学びを保障するためにも少人数学級の実現を」「あまりにも高い大学の学費を半額にする運動を応援しよう」「消費税減税を野党共闘の旗印にしよう」「PCR検査の抜本拡充で感染を抑え込みましょう」「IR・カジノに税金や職員・体制を使うのでなく、コロナ対策や災害時対策にもっと力を注ぐ市政・県政を」と訴えました。
 9月定例市議会・県議会での一般質問や常任委員会、本会議での発言や、決算特別委員会の報告をして、早朝宣伝を終えました。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「新型コロナウイルス問題で、お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

決算特別委員会・厚生分科会3

10月15日(木)厚生分科会3
 南畑さち代議員とさかぐち多美子議員が、「市民福祉費の隣保館費報償金」「住宅新築資金貸付事業特別会計と宅地取得資金貸付事業特別会計の滞納繰越分」「男女共生推進費」「戸籍住民基本台帳費の通知カード・個人番号カード関連事務負担金」「清掃総務費の資源集団回収を実施する市民団体に対する奨励金」について、審査を行いました。

◆今後の日程:
20日(火)決算特別委員会(分科会報告/討論・採決)

*決算特別委員会、各分科会は傍聴することができます。リアルタイムでインターネット中継され、パソコン・スマホでご覧いただくことができます。また、後日にもインターネットで配信されます。
開催日時等は、和歌山市議会ホームページ等で、ご確認お願いいたします。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「新型コロナウイルス問題で、お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

決算特別委員会・厚生分科会2

10月13日(火)厚生分科会2
 南畑さち代議員とさかぐち多美子議員が、民生費中「障害者総合支援費の難聴児補聴器購入助成費・障害福祉サービス等給付費」「社会福祉総務費の我が事・丸ごとの地域づくり推進事業委託料」「児童福祉総務費のこども総合支援センター児童虐待防止体制の強化」「保育所費の公立認定こども園の整備と待機児童の解消」「老人福祉費の元気70パス」「児童館費の職員の時間外勤務手当」について、審査を行いました。

◆今後の日程:
14日(水)総務分科会3・経済文教分科会3
15日(木)厚生分科会3・建設企業分科会3
20日(火)決算特別委員会(分科会報告/討論・採決)

*決算特別委員会、各分科会は傍聴することができます。リアルタイムでインターネット中継され、パソコン・スマホでご覧いただくことができます。また、後日にもインターネットで配信されます。
開催日時等は、和歌山市議会ホームページ等で、ご確認お願いいたします。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「新型コロナウイルス問題で、お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

大門みきし参議院議員和歌山市駅前演説会「菅政権の3つ(改憲、自助、カジノ)の危険」

 10月11日(日)、大門みきし参院議員を招いて、和歌山市駅(キーノ和歌山)前で日本共産党街頭演説会を開催。市会議員団から森下・姫田・南畑・中村・坂口・井本全6議員と、奥村県会議員が参加しました。
 大門参院議員は、安倍政権の継承をすすめる菅政権について、「戦争への道をすすんでいいのか」「なんでも自己責任で国民を苦しめてきた」「ばくち・カジノを解禁したこと」の3つの危険について詳しく解明し、来る総選挙で野党連合政権の樹立を実現し、新しい国民本位の政治への転換を力強く訴え、街頭演説会を終えました。