2021年2月定例市議会「建設企業委員会」

3月4日(木)
 消防局、企業局の審査で、中村あさと議員が付託議案の審査として、「消防業務遂行に要する諸経費の医薬材料費」「和歌山市火災予防条例の改正」「ダム管理費負担金」「検針業務委託料」「配水施設整備事業費工事請負費」「他会計補助金」「下水道事業工事請負費」「工業用水道事業会計借入金償還元金」について、意見を行いました。

*2月定例市議会、今後の日程(予定)
 当初予算の各常任委員会:~11日(木)、
 本会議最終日:12日(金)各委員長報告・討論・採決

*和歌山市議会のホームページで、時間等を確認の上、傍聴においでください。
※議会の詳細は、2月定例市議会全行程終了後に、できるだけ早く「日本共産党市議会報告(市議会だより)」で、報告させていただきます。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

2021年2月定例市議会「建設企業委員会」

2月25日(木)
 消防局・企業局・都市建設局の補正予算の審査で、中村あさと議員が付託議案として「和歌山市消防活動センター建築工事費」「水道事業会計」「ダム管理費負担金」「施設整備計画策定業務委託料・調査業務委託料」「下水道事業会計」「繰越明許費全般」「加太地域まちづくりの都市計画総務費業務委託料」「土地造成事業特別会計」「住宅改修資金貸付事業特別会計」「駐車場管理事業特別会計」について、意見を行いました。
 建設企業委員会への20付託議案中、14議案に賛成し、6議案に反対し、反対討論を中村あさと議員が行いました。

*2月定例市議会、今後の日程(予定)
 本会議:26日(金)補正予算の各委員長報告・討論・採決、当初予算の説明、
 本会議:3月1日(月)代表質問・2日(火)一般質問、
 当初予算の各常任委員会:3日(水)~11日(木)、
 本会議最終日:12日(金)各委員長報告・討論・採決

*和歌山市議会のホームページで、時間等を確認の上、傍聴においでください。
※議会の詳細は、2月定例市議会全行程終了後に、できるだけ早く「日本共産党市議会報告(市議会だより)」で、報告させていただきます。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

2021年2月定例市議会始まる 中村あさと議員が「補正議案等」の質疑を行う

2月22日(月)
 2月定例市議会が開会され、市長の施政方針、補正予算(案)37議案等が提案され、中村あさと議員議員が質疑を行いました。また、副市長の選任について市長から提案があり先議案件として、全会一致で可決されました。

中村あさと議員の補正議案等への質疑項目

  • 承第1号「新型コロナウイルスワクチン接種事業費」1億3,162万2,000円の内容について
  • 議案第1号「一般会計補正予算」の①大学誘致事業施設整備費補助金5,739万4,000円の増額理由、②福祉医療費中、扶助費1億8,843万1,000円の主な減額理由、③小規模事業者経営改善資金利子補給金558万円、新型コロナウイルス感染症対応融資保証料補給金2,400万円の減額理由、④テイクアウト・デリバリー支援事業2,500万円、プレミアム付き飲食クーポン事業3,500万円、事業者家賃支援金事業7,000万円の減額理由、⑤子ども会育成事業1,100万円の減額内容と理由について
  • 議案第21号「和歌山市手数料条例の一部を改正する条例の制定」で、市衛生研究所において、有料で井戸水等の一般水質検査を終了することについて

*補正議案に対して、2月24日(水)・25日(木)に各常任委員会が行われ、2月26日(金)の本会議で各常任委員会委員長報告、討論、採決が行われます。補正議案採決後、当初議案が提案され、3月11日(木)まで一般質問、各常任委員会が行われ、3月12日(金)の本会議で各常任委員会委員長報告、討論、採決が行われます。

※議会の詳細は、2月定例市議会全行程終了後、できるだけ早く、「日本共産党市議会報告(市議会だより)」で報告させていただきます。

岩出市会議員選挙応援

 1月21日(木)、1月24日告示、31日投票の岩出市会議員選挙の応援に、森下さち子・中村あさと・さかぐち多美子市会議員が応援にいきました。
 岩出市は子育て世帯の多い市ですが、県内で唯一、子ども医療費の1割負担があります。また、岩出市には38億円の貯金があるのに、コロナ対策での独自支援策や妊婦への支援が他市に比べて少なく、市民に冷たい市政です。
 日本共産党の増田こうじ・市来りえの2市議は、市民の要求実現のために、毎議会で質問し、市民の運動とともに、子ども医療費助成の対象拡大や小中学校へのエアコン設置、コロナ対策として商品券配布など全市民のくらし応援策などを前進させてきました。
 定数2削減で14議席となり少数激戦となる模様のなか、なんとしても「市来りえ」「増田こうじ」の現有2議席確保で、冷たい市政と対決し、市民の願いで市政を動かして行きましょうと訴えました。岩出市のお知り合いの方にぜひとも応援を呼びかけてください。よろしくお願いいたします。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

2021年新春街頭ごあいさつ

 新年1月4日(月)お昼から、奥村のり子県議、南畑さち代・中村あさと・さかぐち多美子市議が、恒例の新春街頭あいさつに元気よく出発。工場前、スーパー前など3か所であいさつ。買い物帰りの方や車の中から多くの声援をいただきました。
 コロナ禍から国民の命と暮らしを守り抜き、昨年の教訓を踏まえ、どんな新しい日本をつくるのか、今年はそのことが真正面から問われる年になります。
 街頭のあいさつで、日本共産党の「5つの提案」①暮らし・家計応援第一の政治をつくる、②憲法を守る、③自主・自立の平和外交に転換する、④自然と共生する経済社会をつくる、⑤ジェンダー平等社会を実現する、を紹介。同時に核兵器禁止条約の発効(今年1月22日)を前に、日本政府に対して核兵器禁止条約への署名・批准を求める運動をもっと強めましょうと訴えました。
 あまりにも冷たい政治をストップさせ、国民の苦難に寄り添う政治の実現に向けて、今年かならず行われる総選挙では、野党連合政権を作るために、なんとしても共産党躍進をと呼びかけました。また、「IR・カジノに税金や職員・体制を使うのでなく、コロナ対策や災害時対策にもっと力を注ぐ市政・県政を」と訴え、新春街頭あいさつを終えました。