憲法壊すなランチタイム集会・デモ

 1月13日(水)暖かい陽ざしの昼休み。
 和歌山城西ノ丸広場で、憲法9条を守る和歌山弁護士の会が、毎月恒例のランチタイム集会を開催し60名が参加。日本共産党和歌山市会議員団から森下さち子・南畑さち代・さかぐち多美子・井本ゆういち議員が参加しました。
 「戦争する国ぜったい反対」「憲法壊すな」「9条守れ」など訴え、和歌山城から京橋プロムナードまで行進。昼食に出たサラリーマンらの注目を集めました。

井本・森下・坂口・南畑市議

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

和歌山市役所前早朝新年ごあいさつ

ひめだ高宏・中村あさと・井本ゆういち・南畑さち代・森下さち子・さかぐち多美子市議(和歌山市議会玄関前)

 新年1月4日(月)、市役所の全玄関前で、出勤される職員の皆さんに新年のご挨拶を6議員全員で行いました。
 新型コロナや緊急時等により、市民の暮らしや営業が脅かされるという事態に対して、安心・安全の市民生活を保障し、自治体としての力が発揮できるように、市職員不足を改善し、市民の命と暮らしを守るため、職員のみなさんとともに力を合わせて、2021年も全力で奮闘しますと、謹賀新年のチラシを配布しながら、力強く挨拶しました。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

2021年度和歌山市予算編成にあたっての要望書を和歌山市長に提出し、懇談を行う。

 12月18日(金)、日本共産党北部地区委員会と日本共産党和歌山市会議員団から、「2021年度和歌山市予算編成にあたっての要望書」を、市長応接室で尾花正啓和歌山市長に提出し、13の重点項目について、市長と懇談を行いました。
 予算要望は、重点項目以外に各部局(市長公室・総務局・財政局・健康局・福祉局・市民環境局・産業交流局・都市建設局・企業局・消防局・危機管理局・教育委員会・選挙管理委員会)にも部局別項目について要望を行い、文書での回答を求めています。

20201109-yoboshoのサムネイル

2021年度和歌山市予算編成にあたっての要望書 ➡ PDF

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

橋本・伊都社会保障推進協議会第4回総会(国民健康保険学習会)

 12月13日(日)、橋本・伊都社会保障推進協議会が第4回総会を開催。国保学習会に南畑さち代・中村あさと・さかぐち多美子・井本ゆういち市会議員4人で参加しました。
 講師は大阪社会保障推進協議会事務局長の寺内順子氏。なぜ、コロナ禍のもとで国保料の大幅引き下げを求める地域での運動が重要なのか。「国保は料の中で一番金額が大きい」「国保料引き下げにより実質収入を増やすことが簡単であり、財政効果も高い」「住民福祉の観点から一般会計繰り入れするのはあたり前」など、国保問題での議員活動にとても参考になりました。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。

日本共産党「近畿いっせい宣伝行動」12月期

 12月11日(金)近畿いっせいの早朝宣伝を南海本線和歌山市駅(坂口市議)、JR和歌山駅(森下・井本市議)、南海本線紀ノ川駅(南畑市議)などで行いました。
 新型コロナウイルス第3波抑止へ「検査・追跡のために感染追跡を行う専門家の配置と保健所の強化を」「医療・介護崩壊を食い止めるため減収補てんと公的検査を」「全国一律のGOTO停止を行い、地域ごとに観光・宿泊業を支援を」と、日本共産党の提言を紹介。
 「コロナ禍のなか血も涙もない冷酷政治を止めさせ、75歳以上の医療費2割負担撤回を求め、たたかいぬく」決意を述べ「次の総選挙で野党連合政権を作るために、比例は共産党を広げに広げてください」と訴えました。
 開会中の12月定例市議会の報告を行い、早朝宣伝を終えました。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。