12月定例市議会始まりました。(2020年11月26日)

質疑するひめだ高宏議員
答弁する尾花市長

 11月26日(木)、12月定例市議会が開会され、会期は12月14日(月)までの19日間となりました。コロナ感染の増加と広がりを懸念して、本会議場への出席人数と一般質問人数の制限が話し合われた結果、日本共産党の一般質問は2人となりました。
 市長及び担当局から新型コロナウイルス感染症にかかる本市の現状などについての報告後、総額4億3,491万7,000円を増額する2020年度一般会計12月補正予算案、市職員給与条例改正案等を含む24議案が提案、説明されました。
 先議案件として提案された4議案のうち、第2号議案の和歌山市会計年度任用職員の給与条例の改正案に対して、日本共産党市会議員団を代表して、ひめだ高宏議員が質疑を行い、市長が答弁しました。
 先議案件4件と2019年度決算認定について、来週11月30日(月)の本会議で、討論・採決が行われます。今議会の日程は、11月20日投稿の市議会だよりページをご覧ください。
 12月議会の詳細は、議会終了後できるだけ早く日本共産党和歌山市会議員団発行の「市議会だより」に掲載しますので、しばらくお待ちください。

*本会議、一般質問、各常任委員会は、リアルタイムでインターネット中継され、パソコン・スマホでご覧いただくことができます。また、後日にもインターネットで配信されます。このページ上部のリンクから「和歌山市議会」ホームページをご覧ください。

※皆さんの声を市に届けさせていただきます。
 「お困りごとがございましたら、お聞かせください」
 お問い合わせのページからメールをお願い致します。